So-net無料ブログ作成
Time enough for love ブログトップ

Time enough for love #4 [Time enough for love]

「満足?」

ベッドの上で体を起こし、枕の形を直すと髪を梳き上目遣いに自分を見る。
夜の帳はまだ開く気配がない、遠くからクルマの走る音だけが聞こえてくる。

「キスの余韻でうごけない。」

言った彼女を抱きしめ、あとはささやく言葉の間を飛んでいた。
いつまでも触れていたい甘い吐息は駆け引きの中で焦らされる。
かわいい顔。見ているだけで愛しさと嫉妬が混ざる。熱い瞬間。

彼女の頭を抱き、肩から腕へかけてそっとなぞると指を絡め手をつなぐ。
月明かりだけで見る彼女の体は白くしっとりしている。
柔らかな曲線が肩から足の先まで続く。

「別れたあと、一度すれ違ったことがあったでしょ。」
「うん。」
「男って別れた後に会うと、未練が顔に出ている人がいるの。」
「未練?」
「この女、最後にもう一発やっておけばよかったって、こと。」
「そう思わせたいんだ。」
「あなたにはそれがなかったわ。」
「悔しいの?」
「別れても好きな人ができるまでは前の男のことが好きなのよ。」
「俺はずっと好きだった。」
「あたしを?」
「うん。」
「ロス・アンジェルスにいたとき結婚してたの。」
「なんとなく聞いた。」
「そう。」
「それを知ったときは。」
「?」
「全身の力が抜けたよ。」
「今日、会えてよかった。」
「だね。」
「訊かないの?」
「なにを?」
「日本に帰ってきた理由。」
「俺に会いたかったんだろ。」
「あはは。」

彼女は口を開けて笑うと自分の胸に顔をうずめる。

「今日酔ってたの?」
「酔ってないよ。」
「ずいぶん素直になったわ。」
「大人になったんだよ。」
「それに。」
「それに?」
「とても上手になったわ。」

小鳥がするようなキスをすると、彼女はバスタオル一枚でキッチンへ行き冷蔵庫を開けた。
しばらく中を覗くとオレンジジュースのボトルを取り出しグラスへと注ぐ。

半分ほど一気に飲むと自分にグラスを渡した。

「コーヒーまで、まだ時間があるわね。」

彼女はラックを眺めるとCDを一枚取りだしプレイヤーへかけた。
アンドレア・ボチェッリのCon Te Partiroが静かにはじまる。

やさしくて、やわらかい夜が、とてもゆっくりと、過ぎていく。





nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Time enough for love #3 [Time enough for love]

「帰りは運転するから、飲んでいいわよ。」

彼女の言葉に誘われ麦焼酎のお湯割りを頼み、シメに茶飯とお新香を食べほうじ茶をもらった。

「夜はもう寒いわね。」
「いこうか。」

キーホルダーを彼女に渡し助手席に乗る。
自分のクルマの助手席に座るというのはなんだか不思議な感覚だ。

彼女はシートの位置をアジャストしシートベルトをすると、トランスミッションがニュートラルになっていることを確認してクラッチを踏みエンジンをかける。

ちらっとミラーを見るとブレーキをリリースしアイドリングに近い回転数でクラッチをつなぐ。フライ・バイ・ワイヤのスロットルは適度な重さがあるが、慣れないとトラベルのフィーリングがわかりにくい。彼女もそうだったがすぐにコツをつかみゆっくりと加速していく。

通りに出てセカンドにシフトアップする、ギアを鳴らさなかった。

右側に月と海を見ながら、アップダウンを繰り返すワインディングとは言い難い道をスロットルのオン・オフだけで抜け、高速に乗る頃にはすでにクルマを自分のものにしていた。

ギアチェンジの度にギアレバーとシフトゲートの擦れあうシャイーンという音が心地よい。

来たときとは逆に道をたどり、湾岸線から首都高速環状線に入る。
周りの流れよりも少しだけ早く走っていく。

インターチェンジのゆるい左カーブが近づく。
彼女はスロットルをほんの少し抜きフロントに加重を移す。
同時にステアリングを切り、ほとんどロールしないままリアタイヤにヨーが生まれ、
クルマが向きを変え始めるとスロットルを踏み込む。

ヴェリアのタコメーターが 4000rpm を超え、それまでくぐもった音を奏でていたエンジンが血の流れが滑らかになったように鳴き始める。その刹那、ドライバーもルビコンを超える覚悟をクルマから期待される。クルマがドライバーを挑発しドライバーがクルマに挑戦する領域に入る。その瞬間を理解し愛することができなければ、ドライバーとしての価値はない。

ここからは曲がりが多い。
彼女はステアリングに軽く手を添え、少しあごを上げながら運転していく。

高速を降りると今まで鳴いていたエンジンをささやくように回しゆっくりと走る。
次の信号を左折すると彼女の家まで20分もかからない、
躊躇なく右に曲がり、なにも尋ねること無くクルマを走らせると、
彼女は俺の家の駐車場にクルマを停めた。

イグニッションを切り自分の方を向く。
瞳が潤んでるのは運転していたから?

「お茶をごちそうしてくれる?」
「紅茶、買っておいたんだ。」

エレベーターを上がり、部屋にはいると電気を点けた。
ポットで湯を沸かし、濃いめの紅茶を淹れ、彼女の好きなイングリッシュティを作る。
ミルクを先だっけ、それとも紅茶? 迷ったので両方同時にカップに注ぐ。

「お茶淹れたんだけど。」
「ありがとう。」
「濃かったら、お湯ここにあるから。」

彼女はジャケットを脱ぎ、ソファーに膝を揃えて座っている。
イヤリングの色に合うネイルを足にしていた。

遠慮がちに少し離れ、並んで座った。

体温を感じるくらいの距離まで近づいてみる、懐かしい甘いにおいがする。

そっと髪に触れた。

「ラブシーンなんでしょ、キスして。」

突然、そういうことを言うのは相変わらずだった。

遠慮がちに唇をあわせてみる。
忘れていた感触を思い出した。

「なに? いまの?」
「・・・・?」
「忘れちゃったの?」

言うなり彼女は唇をあわせてくる。
肩を抱いていた腕で彼女の頸を支えるようにする。
もう一方の手で彼女の手を握る。

甘くて深いキスをした。

「上手にできるじゃない、朝はコーヒーを淹れてあげる。」

窓際のデスクに置いてある iMac のスイッチを入れた。
シャッフルプレイになっている iTuens からスティーリー・ダンの Do it again がはじまる。






nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Time enough for love #2 [Time enough for love]

「むかしね、すっごくイライラしているときがあって、
そんなにイライラしてるなら、もう口なんてききたくないって思ってた。」

シュガーハウスの駐車場にクルマを停め、海岸線が見えるところまで並んで歩いた。
水平線の向こうにはまだ少しだけ太陽がでている。
海からの風は心地よいとはいえず冷たい。

「お腹空かない? おでん食べる?」
「ちょっとぉー、人の話聞いてるの?」

この時期になると向こう側に渡る橋の上におでんの屋台がでる。
深夜、クルマでふらふらと走りまわり、いつの間にか足がここに向きおでんを食べてみることもある。
いつ行ってもおじさんが一人でやっている屋台。
たとえ雨の晩でも。

いつか、こんなに雨でもやるんですかって尋ねたら、
「商売って言うのは自分の都合でやっちゃダメなんだよ、こうやってきてくれる人もいるし。」と教えてくれた。
この人と話しをしたのはそれ以外に記憶がない。

「素直になればもっといい男なのにって言ったよね。」
「言ったかしら、そんなこと。」

じゃがいもに大根、つぶ貝とすじを頼んだ。

菜箸を使ってちゃっちゃっと手際よく皿に盛られ、最後に汁をそっと入れてサーブされる。
彼女は大根をちょっとだけ箸でつまみ、からしを付けて食べる。
箸の使い方がとても上手だ。

無口なおじさんが口をきいた。

「うまいかい?」
「おいしーい。」
「大根はね、さっと煮てからじっくり冷ますと味がしみこむんだよ。」
「へぇー、いいこと聞いちゃったね。」

ここの大根は美味いのだ。
もう一つ頼んだ。

「昔は素直じゃなかったよ、伝えたいことを上手く言えなくてそれでイライラしてた。」
「いまは素直なの?」
「大分ね、言葉を上手くしゃべれるようになったから。」
「そうね。」

彼女は箸を置くと、どんな女もするような髪を梳く仕草を襟元のまわりで見せ、自分を見た。

「まだあたしに恋愛感情あるのって? 訊いたとき。」
「うん。」
「そんな昔のこと忘れたって、言われたわ。」
「覚えてるよ。」
「嘘だったんたでしょ。」
「なぜ?」
「理由はないわ。」
「そう思ったんだよ、その時は。」
「素直じゃないから。」
「今もそう思う?」
「思わないわ。その時あたしがなんて答えたか、覚えてる?」
「覚えてるよ。あたしはまだ引きずってる。」
「決心がついたわ、あの一言。」
「言葉は偽られるけど、、、、」
「なに。。。」
「言葉に比べると手は偽られることが少ない。」

彼女は海を見て、水平線越しに過ぎた歳月の永い廊下を眺めている。
ストレートな髪が時折の風にそよぎうなじをさらす。
襟元の産毛に陽があたりきらきらと光る。

「あのさ。」
「なあに?」
「このあとラブシーンだよね。」
「ばか。」

海を向いてたばこを吸っていたおじさんがラジオのスイッチを入れた。
ヴィスコンティ家のエンブレムを模してあるステッカーが貼ってあるラジオから
ボズ・スキャッグスの JOJO が流れ始める。





nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Time enough for love #1 [Time enough for love]

「晴れるといいよね。」
そう言うと彼女は電話を切った。

平日の午後、黄昏れにはまだ早い時間に世田谷公園で待ち合わせをした。
家を少し早く出てエノテカでワインを探す。

「赤がいい、あまくないやつ。」
彼女のリクエストにかなうワインを探した。

約束の場所に着きベンチで待つ。
少し遅れて彼女はやってきた。

「ひさしぶり。」
「だね。」

彼女は肘まで袖のある目の粗い糸で編まれた黒のプルオーヴァーに、
プリーツの入った光沢のある黒に見える紺色のスカートを身に纏い、
素足にベージュ色をしたオープントゥのパンプスを履いていた。
耳には淡い紫の輝く石がついたピアスをつけている。

瞳は少し鳶色がかり潤んでいる。
長い髪はブラジャーラインでまっすぐに揃えられ、黒に薄く栗色が混ざり艶がある。
骨格のしっかりした肉付きのよい体をしている。
笑うと口が横に大きく広がり魅力的だ。

ワインを開ける。

「どう?」
「うん、おいしい。」

沈みかけた陽が木漏れ陽となって彼女に注いでいる。
自分の記憶と想像を遥かに超えて彼女は美しかった。

「どーしたの、突然電話くれて。」
「会いたくなったんだよ。」
「どして?」

ほんの一口ワインを含み、グラスの縁越しに自分を見つめるまなざしは、
人をからかう我が儘な王女のような瞳の輝きと同時に真摯な知性の重みがある。

「じゃあまたね、バイバイって、してから随分経ったしね。」
「そうね。」
「うん。」
「どうしてここなの?」
「おもいでの場所だから。」
「うふふっ。」


「あたし泣き虫なの、あなたのことでよく泣くの。」

そう告げられて、彼女は自分の前から去っていった。

別れを告げられたのは同じ場所、公園の脇の通り沿いに停めた
彼女のモスグリーンのアルファロメオ・スパイダーの助手席に座っていた時だった。

もうすぐ八月になるというのに、未だ梅雨が明けず小粒の雨が降る午後だった。

「ぼぉーっとして、なに見てるの? 酔い醒めた? クルマでしょ、少しドライブしたい。」
「いいよ。」

運転席に座り、彼女のシートベルトを確認するとイグニッションを押しエンジンをかける。

ファーストアイドルで一瞬タコメーターが跳ね上がり、アイドリングが落ち着くのを待つ。

「レディが乗ってるんだから飛ばさないで。それから、、、、」
「それから?」
「今度は心を開いておいてね、あたし甘えるから。」
「心がけるよ。」

クラッチを踏み、一旦ギアをセカンドに入れてからゆっくりとローへ入れる。
クラッチをエンゲージしスロットルを踏むとノーズを西へ向けた。

彼女は隣で瞳を閉じ、マライア・キャリーを口ずさんでいる。







nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
Time enough for love ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。