So-net無料ブログ作成

NO MONEY,NO GIRL,NO BUSINESS,But We Still Have Music. [音楽]

50年台、戦後の復興を音楽で開いた人の伝記を読んだ。
守安祥太郎というジャズピアノプレイヤーの話。

タイトルは「そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯」という。
奥付を見ると第二刷で買っているので’97年から時々、何年かに一度は頁を開いて読んでいる。
本を読んでこの人が演奏が聴きたくなり聴いてみた。よい音楽は普遍的だと思った。



ヴァイオリニストでは千住真理子と諏訪内晶子が好きだ。
自分の中ではとても対照的な二人として捉えている。

だいぶ前のことになるけれど、千住真理子のチャイコフスキーのコンチェルトを
聴きに行ったことがある。この時の演奏は指揮者がソリストに負けていた。
伴奏がソリストに合わせているのではなく、ソリストが指揮者に気を遣って演奏しているように感じた。

独奏部分から伴奏に入るときもなにやら拍を勘定しているような指揮なのだ。

流れに乗れていない。

第一楽章が終わるとちょっと汗を拭き、一息入れると後は、第二楽章から第三楽章まで
あっという間に行く。そして第二楽章の途中から涙が溢れた。悲しいのでもなく、
嬉しいのとも違うのだ。なんか幸せで涙が止まらない。

この時、最前列のソリストの真ん前に座っていたので、かなり恥ずかしい、
のだが、涙が止まらない。演奏が終わったあと、すぐに席を立てなかった。
しばらく呆然としていた覚えがある。

諏訪内晶子はふらっと通ったサントリーホールで聴いたことがある。
ピアノと二人での演奏で、モーツァルト、ドビュッシー、ブラームスのヴァイオリン・ソナタを
聴かせてくれた。ドビュッシーのソナタがインスピレーションがあってとても良かったのを覚えている。

自分はこの人のブルッフが好きでよく聴いている。

千住真理子のブルッフも彼女が慶応の学生だった頃の演奏を聴いたことがある。
この人、あえて音大へは行かなかったのだ、音大へ行かなかったことを強みとして音楽をやるんだ!
と言ってたのを覚えている。

千住真理子のブルッフのほうが優しい。その一方、諏訪内晶子のブルッフは情熱的でなんとも熱い。
その熱さの中になんとなく怒りとか恨みを感じる時がある。

ドラマチックなブルッフのコンチェルトを千住真理子は添い寝をするように歌い上げ、
諏訪内晶子はあたしを見て、と言わんばかりに裸で迫ってくる、ように感じる。

こんなことを書いたのは、最近、映像につける音楽を探していて、
タイアップやらなんやらいろいろと聞かせてもらうのだけど、なんかしっくりこないのだ。

みんな上手で、一生懸命演奏してて、音も良くて、録音も良くて、
でも、音楽はどこ?っていう感じなのだ。

もちろん、楽器の演奏技術とその人の音楽性が無関係なのはYMOがやってみせたとおり。

何十年もかかってピアノやヴァイオリンの奏法を会得するくらいなら、
そういう職人芸的なところは機械に任せて、自らの音楽を解放してしまうほうがよい。


そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯

そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯

  • 作者: 植田 紗加栄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: ハードカバー



Bruch: Violin Concerto NO.1/Scottish Fantasy

Bruch: Violin Concerto NO.1/Scottish Fantasy

  • アーティスト: 諏訪内晶子,ブルッフ,マリナー(サー・ネヴィル),アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1996/10/02
  • メディア: CD









nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 4

JUNKO

共感しながら一気に呼んでしまいました。千住真理子さんの演奏は一度だけ聞いたことがあります。
by JUNKO (2015-09-08 13:15) 

リュカ

音楽は疎いのですが
心が震えて涙が出る曲あります。
by リュカ (2015-09-09 13:52) 

きりきりととと

JUNKOさん、こんなことを書きつつ、最近は全然聴きに行ってません。
そろそろ聴きに行かないと耳が錆びちゃう気がします。

by きりきりととと (2015-09-25 23:22) 

きりきりととと

リュカさん、あらぁ、どんな曲かしら。
by きりきりととと (2015-09-25 23:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。