So-net無料ブログ作成
検索選択

定石と感性 [日々]

ヒカルの碁っていうコミックがある。

平安時代の天才囲碁棋士が現代の小学生に取り憑いて、
やがてその少年が囲碁に目覚め、神の一手を目指すという物語。

この天才囲碁棋士の霊は江戸時代に本因坊秀策に取り憑いていて、
本因坊秀策の活躍はこの霊の仕業という設定になっている。

最初、霊に取り憑かれた少年は霊の言うがままに囲碁を打っていくが、
これが現代では(やや旧いと言われているが)定石となっている手。

その定石を少年は自分のものとして身につけ、
やがてその定石に自らのひらめきを加えて囲碁を打つようになる。

感性ってよく耳にする言葉があるじゃないですか?
これって、つまり、どういうことなの? って思ったのですよ。

もちろん言葉の定義としては知ってるけれど、
実際それってどうなの? というシーンに出くわすことが多いのだ。

感性を磨く、感性を身につける、感性なら負けない、感性がある、なんか違和感のある表現に思える。

なんか大事なことをウヤムヤにするために使っていませんか?

カンセイって。

なにかをやろうとした時、まず、知でどんなことができるか、そして知でできないことはなにか、
その時に初めて感性というものが役に立つのだと思うのです。

知とは定石のことであり、今風にいうとナレッジのことでもある。

感性を活かすためには、まず、知があることが必要なんだと、
そして、その知は自ら努力しなければ身につかないのだ。

「あれってな〜に?」「ああ、それはね。。。」

簡単に手に入るものは簡単に手からこぼれ落ちる。

指揮者の小澤征爾がこんなことを言ってました。

音楽にしろ、なんにしろ、本物に触れるほうが理解が深まる。
音楽であればレコードで聴く、DVDで観る、コンサートを聴きに行く、
この順番で本質に迫ることができ、理解することができる。

フランス小説家、アンドレ・ジイドはこう言ってました。
"芸術性には悪魔との握手が必要である"

これは芸術のために文字通り悪魔と握手をするのではなく、
内省的な精神活動の中で一瞬の鳥の影にも怯え、合目的性を持って理論整然と必然の歯車を並べていき、
突然出会う無意識の瞬間を言ってるのだと思う。

つまり、合目的性を持って理論整然と必然の歯車を並べることが「知」の集積であり、
突然出会う無意識の瞬間こそが「感性」なのだと思う。





秘められた日記 (1953年) (現代フランス名作集)

秘められた日記 (1953年) (現代フランス名作集)

  • 作者: アンドレ・ジイド
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 1953
  • メディア: -










nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 6

リュカ

まず 「知」 が必要、これすごくわかります。

ヒカルの碁、一回だけチャンネル替えてて 「ん?なんだ?」 って気になってアニメ観たことある!
だって、現代の男の子の後ろに、おそらくその子にしか見えてない時代がかった人が立ってたからw
by リュカ (2015-08-24 10:03) 

JUNKO

いいお話を聞いて、いろいろ考えさせられました。
by JUNKO (2015-08-24 18:09) 

ふゆん

ヒカルの碁とちゅうまで一気読みしたー!

感性のあたりから
むつかしくて文章がわからなかった(ノ`△´)ノ
感性ってセンスとかフィーリング?
合目的ははじめてきいたかも?
目的を持ったセンスかな?
たとえば初秋刀魚と冷凍秋刀魚を見分ける力かなと思った('ㅂ' )

by ふゆん (2015-08-26 04:37) 

きりきりととと

リュカさん、最近はキングダムにはまってます。

by きりきりととと (2015-08-26 10:53) 

きりきりととと

JUNKOさん、自分もこれを知った時、いろいろ考えてました。

by きりきりととと (2015-08-26 10:55) 

きりきりととと

ふゆんさん、俺が思うに感性とは、なにをカッコ悪いと思うかってこと、かな。
by きりきりととと (2015-08-26 10:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。