So-net無料ブログ作成

披露宴のフランス料理がイマイチなのはどうしてか、考えてみた。 [日々]

披露宴で出てくるフレンチである。

おなじみのあれです、伊勢海老のグラタンソース・アメリケーヌとか、
冷製コンソメなんちゃらのポワレや、シタビラメのムニエルなんちゃらゴンソースなど、
メニューに書かれた名前と目の前の皿に広げられた食い物とのギャップ。

毎度おなじみのなんとも微妙なあの食い物のことです。

もちろん料理を作ってるのはプロの料理人に違いなく、そして、
たぶん、自分が美味しいと思えるものをつくっている、
少なくとも、不味いと思うもの、しくじったものは出していないと信じる。

そしてプロとしてゆるされた予算の範囲でベストを尽くしていると思いたい。

じゃあ、なんで、あれなのか! 

暑いあつい夏に水風呂に入って涜書三昧をしていた時にふと気がついた。

それは誰が食うかわからないから味の狙いを広くとらざるをえないのではないか?

自分は好んでフレンチを食べに行ったりしないけれど、
それでも時々、鴨を撃っただの、ムートンの良いのが入ったから飲もうよとかで、
料理がフレンチだったりすることがあるのだけど、たいてい美味い。

もちろんそんな集まりだから、ホテルのフレンチでなく、
こじんまりとしたビストロに行くのだけど、ちゃんとそこのシェフの味がする。

と、ここまで書いて気がついた、披露宴のフレンチでシェフの味がするものを自分は食べたことがない。

自分の結婚披露宴の時、式を挙げる教会の関係からホテルオークラで披露宴をお願いしたのだけど、
事前に料理を食べに行った時はシェフの味がしていた。
けれど披露宴当日の料理はなんともぼやけた感じがしたのを覚えている。

老若男女、誰が食べるかわからないから、もっと言うと客の顔が見えないところで、
嫌われたくない、という前提で作るから
なんとなく曖昧な味になっちゃうのじゃないかと思った夏の雨の午前中でした。


【Amazon.co.jp限定】アメリカン・スナイパー ブルーレイ スチールブック仕様(1枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】アメリカン・スナイパー ブルーレイ スチールブック仕様(1枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



狙いを小さく、というのはこの映画を見ていて観ていて知ったレトリック。
アメリカンスナイパー。

湾岸戦争当時のシールズに所属する凄腕スナイパーのお話です。
面白いんだけど、結末に唖然、というのが事実と作り話の違うところかもしれない。

そういや知り合いの音楽家が云うてました。
「自分がやりたい好きなことをやると売れない、やりたいと思う、その一歩か半歩手前で塩梅をすると喜ばれる」って。

というわけで今朝はこれ。


フリー・ジャズ

フリー・ジャズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/07/24
  • メディア: CD



オーネット・コールマンは以前、ライブ・アンダー・ザ・スカイで生を聴いているのだ。
並びの席にジャズトランペットプレイヤーの日野皓正とかが座っていたのを覚えている。

そしてそして、ラサーン・ローランド・カークですよ。


ヒア・カムズ・ザ・ホイッスルマン

ヒア・カムズ・ザ・ホイッスルマン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/01/23
  • メディア: CD



残念なが彼の魂の叫びをナマで聴いたことはないけど、ニューヨークをウロウロしていた時に
ニューヨーク・フィルのリハ(公開していてだれでも自由に入れたのだ)をのんびり聞いたあと、
公園を散歩していたらテナーサックスとトロンボーンを同時にプロウしている人がいた。

熱いプレイなんだけど、とてもリラックスしていて良い演奏だったのを覚えています。








nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 5

リュカ

その考察、めちゃめちゃ納得しました!!
披露宴などで出てくるお料理は
まったく味が印象にのこらないもんなあ〜。

水風呂に入れるんですね。
わたし心臓がびっくりして無理w
映画で追われて川や海に飛び込むシーンでも、わたしやったら、ここで心臓麻痺起こして死ぬなって思いますもん(笑)
by リュカ (2015-08-14 07:31) 

きりきりととと

リュカさん、水風呂は最初入るときソロリソロリだけど、
入ってしばらくするとなんだかぽかぽかしてきて、さっぱりして気持ちいいよ。
by きりきりととと (2015-08-17 09:43) 

ふゆん

披露宴のフレンチより
ペンションの量が少ないフレンチのがいやじゃー
へんてこ味で夜中にお腹へる!

青山のラロシェルの教会フレンチは
うんまかったような気がする('ㅂ' )
by ふゆん (2015-08-21 06:06) 

きりきりととと

ふゆんさん、ペンション嫌いだから、泊まったこと無いけど、
そうゆう話は聞いたことがあるぞ。

そもそも、おれ、フレンチは好きじゃないのだよ。

海外で和食がいいって、言われる背景には、調味料が少なくて、
材料がでかくないから、調理と片付けが楽ちんっていうコンセンサスが
あるらしい。

フォン・ド・ヴォーなんて最初からつくったら、何日がかりになることか。

by きりきりととと (2015-08-22 22:58) 

ふゆん

おいしいと思うからじゃないんだー!和食(; ・`д・´)
by ふゆん (2015-08-23 03:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。